読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古色風景記

写真が好きです。私が見つけた信州の素朴な風景をお届けします。

飛び立ったいのち

大町市唐花見湿原にて。
 今日もハッチョウトンボを見に出かけた。この日は道中北アルプスもきれいに見渡せて、とてもよく晴れた暑い一日でした。

 いつも通り、桟橋状の木道からコケの生えている水辺のハッチョウトンボを見ていたら、どこからかバサバサと物音がした。と思った瞬間、羽化したばかりの翅の色がまだ透き通っている大きなトンボが、ヨシの茂った水辺からものすごい勢いで空へ飛び立って行った。ハッチョウトンボを見ていたのでいつも下ばかり見ていたけど、空には無数のトンボが飛び交っていた。仲間なのかな。
 飛び立った近くの茂みを探してみたら、ヤゴの抜け殻を見つけることができた。

f:id:Jennysphotographs:20150715084553j:plain


㋐ヤゴの抜け殻。羽化する所を見たかった。早起きせねば。
㋑羽化して少し時間が経ったトンボ。色はまだ全体的に白っぽい。

 周辺の水辺も探してみると、体を乾かしているのか、まだ羽化して間もないトンボがじっと静止しているのを見つけた。㋑のさっきと同じ種類のトンボだった。しばらくすると、ハッチョウトンボのオスがやってきた。㋒こうやって見ると、大きさの違いがよくわかります。大きなトンボを見ているのかな・・・?

f:id:Jennysphotographs:20150715093737j:plain


 そして数分後、旅立ちの時がやってきたようです。㋓翅をバタバタさせてさっきのトンボのように勢い良く空高く飛んで行きました。このハッチョウトンボは見送りに来たのかな〜。トンボが飛び立った後は、一匹ぽつんと残されてしまいました。

 その後も、ハッチョウトンボを見ていたのですが、またもさっきと同じ種の大きなトンボが透明な翅をばたつかせて空へ飛び立って行きました。この日はどうやら羽化の集中日のようです。
 初めて羽化したトンボの飛び立つ瞬間を、偶然ですが見ることができました。感動です。感激しました。飛び立ったときのトンボの姿と、透き通ったあのキラキラした翅が脳裏に焼き付いています。


f:id:Jennysphotographs:20150715095451j:plain


 それとは対照的に、このハッチョウトンボは何らかの原因で水面に落ちてしまったようです。やるせない気持ちが心に残りました。

 

 

f:id:Jennysphotographs:20150715120420j:plain

短い成虫期間は夏に輝く宝石のよう。





最新のGoogle ChromeSafariIE9で縦書きで表示されます。FirefoxOpera、IE8以前では横書きで表示されます。