読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古色風景記

写真が好きです。私が見つけた信州の素朴な風景をお届けします。

鹿島槍ヶ岳

トンネルを抜ると景色が一変しました。 二〇〇九年五月十八日、初めて白馬村へドライブに出掛けた時のことです。 長野市から大町・白馬を繋ぐオリンピック道路の始めにある日高トンネルを抜ける瞬間に見た光景が今でも忘れられません。もう少しでトンネルを…

稲田の風景 〜ゆめしなの〜

稲穂が枝垂れる九月下旬、稲田の広がる風景を見てきました。 夏に見た緑が広がり戸隠連峰を眺められるこの田園地帯、今度は素晴らしい黄金色に様変わりしていました。晴れ渡った青空に稲穂の黄金色が映え、おまけに私の好きなトンボもたくさん飛び交っていま…

秋祭り 〜奈良沢大天狗〜

飯山市の奈良沢集落で行われる秋祭り、奈良沢神社例大祭を見てきました。 以前に飯山雪まつりのイベントでこの大天狗の舞を見たことがあります。それから、この奈良沢大天狗に興味を持ち、いつか秋祭りの場でこの大天狗を見てみたいと思っていました。ついに…

蕎麦の実がなる頃

お蕎麦の花を見てきました。 六月に見た戸隠の蕎麦畑の花を見ようと、八月の初めにあの蕎麦畑に出かけて見たのですが、もうとっくに刈り取られていて、何も無い畑に変わっていました。 蕎麦には夏蕎麦と秋蕎麦があるようで、夏蕎麦の花の見頃は七月の初め頃…

唐花見湿原のトンボたち

今年の夏はトンボばかりを追いかけていました。 お盆過ぎから涼しくなり、トンボもいよいよ街でも多く見かけるようになりました。 今年、唐花見湿原で見つけたトンボたちを記しておきます。 (名前が違うトンボがいましたら教えて下さい。) ㋐シオヤトンボ…

大きなカエデ

池田町の大峰高原へ行きました。この大きなカエデを見るためです。私は二〇一二年の秋以来なので、約三年ぶりの再会です。 ここに立っている大きなカエデは、昭和二十二年に大峰高原開拓団により発見されたそうです。開拓の際に、このカエデの根がどうにもな…

カラー

今年の四月、小川村へ桜を見に出かけた時に道が分からなかったので、通りすがりのおばあちゃんに道を聞き、少し立ち話をしたことがありました。そして帰り際におばあちゃんは、私に花の球根を七、八個くれました。〜その時の記事はこちら〜 家に帰ってからそ…

飛び立ったいのち

大町市唐花見湿原にて。 今日もハッチョウトンボを見に出かけた。この日は道中北アルプスもきれいに見渡せて、とてもよく晴れた暑い一日でした。 いつも通り、桟橋状の木道からコケの生えている水辺のハッチョウトンボを見ていたら、どこからかバサバサと物…

新行高原

前回のハッチョウトンボを見に行く道中、少し遠回りして大町市の新行地区を通ってみました。新行地区は旧美麻村です。かつては、麻の栽培が盛んだったようです。標高およそ千メートル。 ちょうどお蕎麦の花がきれいに咲いている畑があり、車を止めて立ち寄っ…

真っ赤な矮星

大町市へハッチョウトンボを見に出かけました。 ここは大町市(旧八坂村)にある唐花見(からけみ)湿原です。 今年は、五月の初旬から順に訪れてみて湿原の変化を見ながら、どんなトンボが飛んでいるのかも見てきました。五月の初めには枯れたヨシが湿原を…

戸隠 〜広がるそば畑〜

戸隠へ道祖神を見に出かけた時に通った道から見た風景・・・。 戸隠へ行くには普段は七曲がりのあるバードラインを行くけど、この日はのんびりドライブ気分だったので、県道七十六号線の細い山道を楽しみながら進むことにした。 戸隠山が見える奇麗な景色の…

地獄谷野猿公苑 〜ありのまま〜

山ノ内町にある、地獄谷野猿公苑へ。4月下旬から6月下旬にかけては、産まれたばかりのかわいい赤ちゃん猿を見ることが出来るということなので楽しみに出かけました。 神林温泉近くの地獄谷野猿公苑の無料駐車場に車を止めて歩きます。そこからは、崖淵の林…

双体道祖神 〜にこやかに笑って〜

かねてから見てみたかった、双体道祖神を見に出かけました。長野市戸隠(旧戸隠村)尾上にあります。 いきなりですが、「信濃路の双体道祖神」という本があります。これは、著者の小出久和さんが、長野県内の双体道祖神、二千九百基強(現存すると思われる九…

トンボが居る風景

私がトンボに興味を持ち始めたのは、日本で一番小さなトンボとして知られているハッチョウトンボの存在を知ってからです。ハッチョウトンボの全長は十七〜二十一ミリで、一円玉なんかとよく比較されるほど小さなトンボです。 今から五年前、大町市の湿原へ初…

生物の宝庫 〜湿原〜

日野東さん著書の「信州 花の湿原を歩く」を片手に記事を書いています。 長野県には二百近い数の湿原があるようです。全国二番目に多い数です。この本は、信州の湿原を紹介するとともに、コラムの中では湿原の(あまり良くない)現状や自然の大切さを、強く…

朝ぼらけ 〜小さな棚田の夜明け〜

田んぼに水が張られる五月。水田に映る朝焼けが見たくて、早起きして出かけました。 ここは長野市の芋井地区。細い道が山の間をクネクネと縫って行く。車が一台しか通れないようなそんな道も続きます。 向かう途中、道の脇からキツネらしき影が急に飛び出し…